【合格体験談】

2015年4月18日 Iさん(社会人) *2015年 最高得点獲得者

受講講座: TOEFL Course 100
最終スコア: Total 108 (R29 L28 S23 W28) ※受講前: Total 82
合格校: London Business School, MBA


2015年8月よりLondon Business Schoolに進学することとなりました。MBA受験最初の関門であるTOEFLをスムーズに突破できたことが、第一志望校合格につながったと考えており、その戦いを支えていただいたLINGO L.L.C.の林先生には心より感謝しております。2014年3月の初受験では82点でしたが、LINGO受講開始直後の2回目では一気に98点までスコアが上昇し、6月の5回目で108点を達成することが出来ました。その中で感じたTOEFL攻略のポイントとLINGOメソッドの有用性を簡単にお話ししたいと思います。

1.設問理解

TOEFL受験にあたっての意外な盲点が、設問理解です。特にReadingとWritingに関してはこの重要性が顕著であり、設問理解を深めるだけで簡単に5点程度の得点アップが見込めると思います。Readingの要約完成問題やIntegrated Writingにおいて、林先生からご指導いただいたことは目から鱗であり、自分自身が初回受験で犯していた重大なミスに気づき、この点を意識して改善したことが、2回目受験でのスコア急上昇につながったものと考えています。

2.Listeningの攻略

Speakingと並んで日本人受験生が最も苦戦するのがListeningですが、このセクションについては林先生からご指導いただいたシャドーイングを地道に繰り返したことが大きな飛躍につながったのだと思います。シャドーイングの際には、声のトーンまで徹底的に真似るようにし、字面だけではわからないニュアンスの理解まで得るように努めました。これは、Listeningだけでなく、Speakingや英語コミュニケーション力そのものに、今現在もポジティブな影響を与えています。

3.Writingの攻略

Independent Writingについては、「テンプレートだけに頼るのではなく、基本の文章構成をまずはマスターする」、「挙げる理由は2つにして、相手の主張にも簡単に触れる」といった林先生の方法論がとてもしっくりきました。この方法論により、無理をせずに話を深めることが出来、自然体で語数が伸びていきました。

これまでTOEFLは対策法が確立されていないと言われていましたが、近年は上記を含む対策法が徐々に確立されてきており、それに伴ってMBA受験者のTOEFLスコアも上昇傾向にある印象です。ぜひ、受験プロセスをスムーズに進めるためにも、効果的かつ本質的な方法論を持つ講師に師事し、効率的にTOEFL対策を進めていただければと思います。

合格者の体験談一覧へ戻る

海外留学&留学試験対策なら、なんでもお気軽にご相談ください
LINGOは世界で活躍したいあなたの夢実現をサポートします

お電話でのお問い合わせ

フリーダイヤル 0120-050-867

TEL:03-6279-4340

【受付】火〜日/ 12:00〜20:00
定休日:月曜日および祝日